スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府、対イラン制裁支持求める(産経新聞)

 仙谷由人官房長官は10日午前の記者会見で、国連安全保障理事会が9日午前(日本時間10日未明)の公式会合で、対イラン制裁決議を賛成多数で採択したことについて「わが国は毅然(きぜん)とした対応が必要との立場に基づいている。国際社会が安保理決議を着実に実施し、イランに懸命な決断を求めていくことが必要だ」と述べ、各国に協力を求めた。

【関連記事】
「ごみ箱に捨てられるだけだ」 イラン大統領が制裁決議を非難
イラン低濃縮ウラン 米仏露、トルコ移送案に回答
「イランは責任を負うことになった」 米大統領、決議採択を歓迎
一部骨抜き、実効性は未知数 「イラン発着の全貨物」検査可能に
イラン追加制裁決議 米、最悪のシナリオ想定

民主代表選 菅氏配布文要旨(毎日新聞)
一度は体験してみたい、海に浮かぶ豪華ホテルの旅
クールビズ閣議 批判の中「かりゆし」(毎日新聞)
<取材ノート>イモビライザー(毎日新聞)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
スポンサーサイト

【なんて素晴らしき人生!】編集委員・石野伸子 南の島から届いた歌集(産経新聞)

 沖縄・石垣島から歌集が届いた。松村由利子さんの第3歌集『大女伝説』。待ってました!

 松村さんは49歳、新聞記者出身というユニークな経歴をもつ歌人だ。3年前に退社するまで、毎日新聞の科学部などで20年余り活躍した。一方で、若いころから「かりん」に所属して馬場あき子氏に師事、歌を作り続けた。第2歌集『鳥女』で現代短歌新人賞を受賞したのを機にフリーに。以後、精力的に仕事をしている。

 短歌エッセー集『物語のはじまり』『語りだすオブジェ』を相次いで出版した後、評論集『与謝野晶子』を発表。多角的に新しい晶子像を提示したとして平塚らいてう賞を受賞。また科学のセンスオブワンダーを短歌でつづった『31文字のなかの科学』で、ことしの科学ジャーナリスト賞を受賞している。

 短歌がとくに好きというわけでもないのに、彼女の歌集は買い求めて手元においている。同時代に生きる女性のためいきや喜び、怒り、感動が、選びぬかれた言葉に託され、心に深く響くからだろうか。同業ということもあって知己をえて、近年の活躍ぶりを頼もしくながめていた。

 ところが、彼女の人生はくるくる展開する。新進気鋭の歌人として高い注目を集める最中、この4月にはひょいと石垣島に移住してしまった。

 「一緒に暮らそうかと言ってくれる奇特なをのこがおりまして」と書き添えた転居通知がにくい。えーっ、歌に生きるんじゃなかったのぉ。

 そんな彼女から届いた最新歌集。一体、どんな世界にたゆたっているのか。

 「こどもの時間どこかに落ちていませんかさみしくて買うミルクキャラメル」

 女の人生の下り坂にしんみりしたかと思うと。

 「南から風が吹くとき八重山に夏が来るなり祝祭のごと」

 ダイビングで訪ねた南の島で新生活ですからね。短歌研究賞を受賞した連作「遠き鯨影」を収録した歌集のタイトル「大女伝説」は、群馬県猿ヶ京で聞いた昔話からきている。

 「昔語りぽおんと楽し大きなる女が夫を負うて働く」「大女死すごと大き物語死して世界は荒涼とせり」

 世界から「大きな物語」が失われたといわれて久しい。人々が共有できる思想や夢は拡散してしまったのか。いや、だからこそ短歌の小さな詩型に物語を紡ぐ希望を託したい、とあとがきにある。

 「物語から逃れるという物語 女よ靴を脱ぎ捨てなさい」「断崖に向かって走れ下は海 波照間テルマわたしはルイーズ」

 かつて米映画「テルマ&ルイーズ」で女たちは車で谷底に突っ込み現実から逃れた。古い靴を脱ぎ捨てた現代のルイーズは、自分の足で未来を踏みしめる。南の島で新しい大女伝説が始まっている。

ネット選挙、夏の参院選からの解禁で最終合意(産経新聞)
福島氏「重大決意を」 社民、連立離脱強まる(産経新聞)
鳩山首相、23日沖縄再訪=普天間移設方針説明へ(時事通信)
自動車道をバックで逆走、トラックと衝突 1人死亡 兵庫(産経新聞)
NHKが初の強制執行申し立て=受信料拒否の5人に(時事通信)
プロフィール

Author:ミスターとしあきてらやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。